読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『puppy love』

能と歌舞伎を見てしまうと、フロントマンが口パクで踊っているだけのステージングってのは、日本の伝統なんだな、と。

そして、おそらく、世界では多数はなんだと思うに付け、
パフュームが口パクで何が悪い?
これが人類の芸能の本来のあるべき姿だ!とか、確信持つようになってしまったんですが、


このテンション、特にのっち、
このテンションで音楽に関与していたら、絶対、この曲の物悲しさを打ち消してしまいますわ。
のっちは絶対脳内麻薬ドバドバ状態。

やっぱフロントマンが口パクってのは、正しいんでしょうね。


三人みんな盛り上がっているんだけど、歌声は抑揚のないどこかもの悲しげで、そのコントラストが、私にはT-REXみたいに聞こえてしまう。


根本的人生観の暗い人は、明るい歌うたってもどこか物悲しいんですけど、

パフュームの場合は、さすがに、それは無理やろ、と。
やっぱ口パクは人類文化史上の正統派ですわ。