読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『あまちゃん』 最終回

最終回は、思った通り、一般人多数エキストラ出演で、
ドラマと現実の境界線のぼやけた話でした。

よくよく考えてみると、こういうのって、AKBとかPerfumeも同じことで、

やってる当事者の成り上がりストーリーを、おいしく味わうというのが当今のアイドルの正味の仕方だとして、


それドラマでマジメにやろうとすると、『あまちゃん』みたいなラジカルな方向に進んでいくんでしょう。




一回15分のドラマなんですから、細かい伏線はったり、無意識的な映像の仕込みやっても、誰も見ていないのが朝の連ドラ。


だから、映像的に重要なシーンは繰り返し繰り返し流していたんですが、

ユイちゃんのモチーフとして トンネル

アキちゃんのモチーフは 海に飛び込むこと



これ、宮藤官九郎が脚色担当した映画『ピンポン』からの流用らしく、


「この星の一等賞になりたいんです、アイドルで、そんだけ」


「月にタッチするなんて分けねえよ、I CAN FLY」


『ピンポン』では、水に飛び込むことは、生まれ変わることの意味でつかわれてましたんで、
あまちゃん』では、今更飛び込む必要がないので、ラストは、トンネルのモチーフで終わるのだろうと思っておりました。




トンネルは、『あまちゃん』の中では、夢の入り口の意味でつかわれており、
その夢は、東京へ通じる夢だったのですが、
震災の時、その夢の道筋は閉ざされてしまいます。

そして、再び、そのトンネルが通じたとき、その行先 つまり夢を見るべき場所は東京(つまり震災前の画一的な目標)ではなく、
地元(人まねでない自分で規定すべき夢)だったということですが、


そこまでは、最終回見る前からわかっていたんですが、


ここで、まさかのOPにつながっていきます。
トンネルを抜けた後に、OPの北鉄につながり、


二人の女の子が、漁港の入り口の灯台へ向けて走ります。

もしや二人そろって飛び込むんか、やはり、『ピンポン』のI CAN FLYで終了か?と思ったんですが、

結局飛び込みませんでした。



そして、このカット。

テルマーとルイーズのラストでした。



ふたりは、このまま崖の亀裂に向けて車で突っ込みます。

クドカンが最初に提案したラストは、撮影的に不可認定されたらしく、
もしかすると、二人そろって飛び込むシーンを危険だということで却下されたのかもしれません。

わかんないですけどね。

ただしかし、トンネルを抜けたら、そこに東京があった、という結末だけは絶対にないというのは、文芸リテラシーがあればすぐにわかることでして、







飛び込みはしませんけど、灯台のところで、ぴょんと弾むカットが一人ずつ挿入されます。


(これ、『テルマーとルイーズ』なんですが、『あまちゃん』とキャッチコピー変わんねぇ)

今後は、『ピンポン』『テルマーとルイーズ』見ても『あまちゃん』思い出さずにはいられないとこです。
ついでに、『桐島、部活…』もです。