読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京ド〜〜ム!

ここにあるのはスターがスーパースターになる瞬間であり、

その距離感が、見事にカメラワークで表現されている。


スターがスーパースターになった時、ファンはあとどのくらい激しく叫ばないといけないのか、動かなくてはいけないのか、についても見事に描写されている。

それが東京ドーム一回目のDVDの感動的なところであり、


それと比べると、二回目の方は、ギミックを重視したこけおどし的な部分ばかり目立つ。
そして、レパートリーが増えてきたことが一番の問題なのだけれども、
昔の曲は、同窓会的なノリで流しているし、
新曲に関しても、特に『ポイント』なんて、もっと中田ヤスタカ的には思うところあったんじゃないだろうか? こんな風に単なる見世物にしてよかったのだろうか?