読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デヴィッド・ボウイの追悼企画

フレディー・マーキュリーが死んで半年くらい経ってから、追悼コンサートが開かれました。その収益はすべてエイズ治療の研究に充てられました。

 

デヴィッド・ボウイの場合、収益は何に充てられるのかわかりません。もしかすると子供関係の慈善事業に回されるのかもしれません。

 

それはともかく、デヴィッド・ボウイの追悼企画となると、ありとあらゆるスターが参加希望するでしょうから、そういうスターのスケジュール調整のためにも結構時間がかかると思われます。

 

個人個人で、彼の死を悼んでツイートしたり、彼の歌を歌っている人がいっぱいいるのですが、

 

ボン・ジョビが『ヒーローズ』を歌う。

www.youtube.com

この曲、デヴィッド・ボウイ的には一番大事にしてきた曲ですから、

追悼ライブ企画では、ボン・ジョビ程度の格では歌うことままならないでしょう。 

誰が歌うんでしょうね?

 

 

 

マドンナがデヴィッド・ボウイ大好きだったってのは、今になって知ったのですが、

www.youtube.com

 デヴィッド・ボウイをオカマのカッコしてたキモイ人という風に思ってた人も多いでしょうが、

人によってはボウイをジェンダー方面のリベラリストととらえて神格化していたようです。

しかし、いくらリハ無しのぶっつけ本番での追悼演目とはいえ、

マドンナってどうしようもないくらい歌下手、そして踊りも全然ダメ。はっきり言ってゴミです。松田聖子以下。

なんで生き残ってきたのか全く分からない。

 

正直な話、ベビメタでこの曲聞いてみたいです。便乗と呼ばれようとあざといと言われようと、今度ロンドン行ったらボウイの曲やってほしいです。

なにやったところで、このマドンナよりはいいもんができるにきまってます。

 

デヴィッド・ボウイが二回目のアメリカツアーで、ラジオ局の人から、ブルースプリングスティーンに会いたいなら会わせてやると言われ、

ご厚意に甘えて会ったそうです。

www.youtube.com

ブルースプリングスティーン はボウイのことを、キモいオカマと思ったらしく、

ほとんど何も話さなかったとか。

でも、『Stationtostation』の録音には、彼のバックバンドからピアノ奏者のロイ・ビタンが参加しています。

 

この演奏聞く限りでは、スプリングスティーンは追悼コンサートに来なくてもいいな、という感じ。

 

 

一般人が自発的に集まって歌ってるのをyoutubeで見るほうが、ずっと楽しかったりします。

www.youtube.com

 

 

いくらプロとはいえ、いきなりリハなしでボウイの曲歌えと言われても、なかなかできないものらしいです。

いやむしろ、プロであるゆえに、自分のカラー捨てきれなくて、それゆえにうまくボウイの曲が歌えないようです。

www.youtube.com

 おそらく、追悼コンサートに参加して、重要な曲を歌うことになるだろうエルトン・ジョンですが、

彼の代表曲の一つ『ロケット・マン』は『スペース・オディティ』を意識した曲のようで、

ピアノのイントロに『スペース・オディティ』のメロディを交えつつ、『ロケット・マン』を歌うことでボウイへの追悼にしてる。

自分の曲歌うことで、他人の追悼ができるって強いですよ。

 

 

ちなみに、フレディー・マーキュリー追悼企画では、

ボウイは、クィーンとの共作の『アンダー・プレッシャー』を歌いました。

ここでフレディーの代役はアニー・レノックス


Queen & Annie Lennox & David Bowie - Under Pressure - HD

「神様、私たちにデヴィッド・ボウイを与えてくださってありがとう」

彼女、ガチのボウイ・ファンらしいです。

ぜひとも、追悼コンサートでもこの曲歌ってほしいです。

でも、誰がデヴィッド・ボウイの代役やったらいいんでしょうか?

 

 

 

 

あと、こういうのもいいですね。

www.youtube.com

 ユトレヒトの教会の鐘が奏でる『スペース・オディティ』

追悼コンサートでは、だれがこの曲歌うんでしょう?

エルトン・ジョンでしょうか?

私としては、ボブ・ディランに歌ってほしいとこです。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 『ライフ・オン・マース』

誰が追悼コンサートで歌うんでしょう?

それこそレディーガガにロケットの中から歌ってほしいとこです。