読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

追悼 デヴィッド・ボウイ  25年ぶりにrockin' onを買ってみた

25年前、rocking'onって350円くらいだったはずです。

デヴィッド・ボウイの追悼記念号だからと、ものすごく久しぶりにrockin'onを買いました。この25年間ってデフレだったのですから、rocking'onが値上がりしてたら嫌だな、と思ったんですが、

 

税込みで700円でした。

 

 

そして、かつてはいろいろあったCDの広告がほぼなくなっていました。その上、新宿西口の海賊版売ってる店の広告も一切なくなっていました。

 

つまり、この出版社がぼっているというわけではなく、洋楽ってもう商業的に成り立たないもののようです。

 

 

 

で、肝心のボウイ追悼の内容についてはどうなのかというと、

 

rocking'onって、以前は一般人からの投稿を掲載していたのですが、

今では、そういうのなくなっていました。

 

まあ、一般人的には、勝手に自分の主張をブログに書けば済む話で、

なにもrocking'onに投稿する必要もない。

そういうことで、この雑誌の価値ってかなり前から目減りしてたんでしょう。

 

私的には、rocking'onに投稿された痛々しい一般人のデヴィッド・ボウイに関する投稿を読ませてくれる追悼号だと思ったんですが、

そういうの一切なかったです、ハイ。

 

 

で、どんなことがrocking'onに書かれていたのかというと、

 

rocking'onがかつてデヴィッド・ボウイに対して行ったインタヴューの採録

 

 

そんで、げんなりしたのは70年代にrocking'on社の社長の渋谷陽一デヴィッド・ボウイにインタヴューした記事に関しては、

渋谷陽一の言葉が、常態の、だ・である体。

デヴィッド・ボウイの言葉が、です・ます体。

 

読んでいて、情けなくなりました。

 

 

そして、オーナーの渋谷陽一はもうキーボード打てないらしくて、

ボウイの追悼について文章書けないらしくて、社員による聞き書き記事が掲載されているんですが、

オーナーに対しては、聞き取り社員は最上敬語使ってました。

 

 

 

ほんと、さようなら。

さようなら。

さようなら。