ラーメンズの件のネタを見てみた

小山田圭吾のイジメってにちゃん上ではずっと有名でしたから、私もずっと前から知ってました。というか、渋谷系ってスカしてて嫌でした。

根性努力、成り上がり、血と汗と涙ヨシとするPerfumeとは本来相容れないものではないですか?

 

 

で、開会式の前日になって、一番重要なスタッフらしい小林賢太郎が解任されたということなんですけれども、

わたし、小林賢太郎って全然知らなかったんですよね。

で、件のネタとそのほかのネタもyoutubeで見たんですけれども、

腹が立ってきました。

ギャグとしてまったく面白くないんですね。

そういえば、30年くらい前って吉田戦車のマンガみたいな意味不明なこと言ってると許されたなぁって記憶がよみがえりました。

文脈から切り離して「言葉狩り」ってくだらないじゃないですか?今回の件もそうなんじゃないかとyoutube見る前まではそう思っていたんですが、

 

まず、ギャグとして成り立ってないから「文脈がどうの~」とか言っての弁護のしようがないですわ。

教育テレビのマイナーキャラコンビが、素面ではえぐい内面も持っていたってことをいいたいんだろうってのは分かるんですが、でも、面白くないですから、残念。

30年くらい前の、この手の「ギャグ」って説明しにくい要素がポンと放り出されていて、それ面白がれたらセンスよしってのがありました。でも、ほんとのこと言うと何が面白かったのかまるでわかりません。

これきっかけに、この手の無意味な日本のジョークってのがなくなってくれたらいいなと思いました。外人に説明するのほとんど無理ですしね、というか日本人的にも別に面白くないでしょ。

 

 

というか、小林賢太郎って何なんだよ?youtubeで見た映像の何本かは以下にも深夜枠のNHK教育が喜びそうな内輪受けのネタてんこ盛りじゃないですか?

なんで、こんなしょーもない人物がオリンピックの開幕式の実質の監督に上り詰められたんだ?と涙もこぼれる思いです。

 

 

小林賢太郎の動画をyoutubeで見たら、Perfumeだったらはるかにうまくできるのに… と思わざるを得ません。

 

 

 

 

www.youtube.com

『If you wanna』

今までと違って、もうこのパフォーマスでは、普通のテレビの歌番組に出るとおそらく違和感。

これ、もう歌ではないよね。

 

 

それに対して、

『everyday』ではできる限り歌って見せてほしいところ。

 

 

このブログ、四年以上まともに書かれていなくて、さらには最近二年間ほぼ書かれていないんですが、

最近のPerfumeは自分的に好感度高い。

この状態に収束するまでいは、結構時間かかりましたけど、

でも、そのグダグダなかったら、たぶん今の状況受け入れられなかったでしょう。

 

 

あ、これ、迷走してるわ時代の典型的代表曲。

www.youtube.com

曲 振り付け 美術 演出 全部な迷走。

 

 

 

 

 

ネットの片隅でひっそり、

長野のライブ見てきたんですが、

一言、

よかったです。

 

 

で、なんでよかったのかということなんですが、

自分はステージングがシンプルだと感じたんですが、家に戻ってからyoutubeでいろんなステージの動画を見てますと、『レベル3』とかが異様にセット巨大だったんですが、それでも出島の狭いところで三人で踊ってる曲ってシンプルな演目にならざるを得ないじゃないですか?

だから今回のステージって自分はシンプルだと感じたかもしれないけど、「他の人だったら今までと同じよ」と思うかもしれない、「JPNの時もシンプルだった」と思うかもしれない。

そんで五ちゃんねる読んでみたんですよ。

 

そしたら、やはり私が感じたと同じく「とてもシンプル」だそうです。

 

ま、あの、NHKの『FUSION』でもステージはシンプルなもんじゃないですか?(シンプルさの裏で大変な苦労してるかどうかってのは別として)

P.T.A.もありましたしMCもそれなりにありましたけど、全然許容範囲。

選曲も子供っぽさ感じさせるようなのは無くなってて、「大人の演出だなぁ」なんて思ってみてました。

 

わたし、真正面一番後ろの席にいたんですが、長野ビッグハットの収容人数は五千人くらいだったんでしょうか、

そんな会場の正面一番後ろで、ステージ左右に配置された巨大モニターほとんど見ることなしに、ステージ肉眼でがん見してました。

むろん三人の顔の区別もつかない距離ですから、体型と髪型から「あれがのっちさんよ」なんて識別してたんですが(ま、のっちさんなら動きとポーズでわかるんですけど)、

NHKの『Reframe』見られたら同意してもらえると思うんですが、もうPerfumeってアイドルとして顔を拡大アップでファンに見せることをそんなに求めてないっぽいです。

照明の当て方も、顔はっきり見せるようなあり方してなかくて、陰になってたり。

 

三十路になった大人のPerfumeとしては、もう顔見てもらいたいってのはなくて、ダンスの動きとそれが描く線さえ見てもらえればいいってことなんでしょうか、な。

そして、さらに言うと、遠目で見ないと三人の動きを一つのまとまりとして認識することは結構難しくて、それなりの距離置かないとできないんですよね。

で、Perfumeのダンスって、三人ひとまとまりとして認識しないとピンとこない性質のもの、少なくとも最近のふりつけはそういうもの、と思いました。

 

そして、こういう遠目で見られることを前提としてら、振り付けでも指の数でメッセージ送るみたいなのってもう無理です。そうなると、振り付け付けが『無限未来』とか『Let Me Know』的なものになっていくのはむべなるかな、と。つまり最近のPerfumeの振り付けは、言葉ではないんだよね、あえて言うならエアギターみたいな感じ。

エアギターの世界大会があるってのも結構不思議なんですけど、やっぱああいうものの面白さって普遍性があるというか。

 

 

 

で、わたくし、Pefumeはオリンピックの開幕式に出てくるんではないかと思うんですが、その出演の仕方も、ロンドンオリンピックの有名ロックスターの登場の在り方とは全く違って、Perfumeという名前も伏せたまま、その他大勢の中に何となく紛れ込んでるという感じなんではないか、ウォーリーを探せ的な、と予想します。

例えば日本の祭りをイメージしたマスゲームで、曳山が出てきてその上にPerfumeがからくり人形の役で乗っているとか、そんなん。

あと二年弱なんですけど、演出プランどれくらい固まってるんでしょうね?

 

 

 

ところで、『Butterfly』やってたんですけど、昔のPerfumeの芸風っぽい振り付けだったんですけど、独特なユーモアというか絶妙な緩急のつけ方というか、先生の才能ってそっち方面で枯れてるわけでもないんですよね、これ見る限りだと。ま、ベビメタはそういうの炸裂してた訳で。

 

 

 

2001 stargate

『無限未来』のPVとNHKでのパフォーマンスを見て、

「あっ、2001年宇宙の旅モノリスだ、 そして『幼年期の終わり』だ」と思ったんですが、

2001年宇宙の旅って50年前の作品なんですが、この50年間でテクノロジーは進化すれども、

人間の表現力って別に進歩してなかったんだなぁと感じました。

つうか、Perfumeと2001年比べてどうのこうのというのが正しいことなのかどうなのかよくわからんとこですが。

 


Stargate Sequence - '2001: A Space Odyssey' (HD)

 

 

映画として作りこむか、それともライブで3次元で表現するかの違いなんでしょうけれども、

 

 

ただ『無限未来』の方は、おそらくそれが挑もうとしているテーマの壮大さと比べると、とてももどかしい作品でした。音も振り付けもライブ演出も。

その辺のもどかしさも、人類がほろんだ後にも無限に未来は続く的な物語を感じさせるんですが。

長野に行くのだ

ぎりぎりまで、、行こうかどうしようか迷う。

 

行くかどうか決定するためのよすがに youtubeみたりビリビリ動画みたり5ちゃんねるの評判チェックしたりしたんですが、

 

あ~ちゃんの煽りの際のキンキン声の雄たけび、おっさんにとっては羞恥プレイとしか思えないP.T.A.のコーナー、際限のない漫談など、ネガティブ方向の要素も多かったんですが、『無限未来』みたいのでチケットを購入。

 

しかし、最新とその前のアルバム二枚聴いていないので、知らん曲ばかりだろうなと思うと、なんか嫌な予感もするのです。

特に『コズミックエクスプローラー』の方は知らんというよりも好きになれん曲ばかりのような気が。

 

まあ、でもいいです、とりあえず長野行ってきます。

 

『無限未来』

Perfumeの振りと詞の関係って相互補完的で、たがいに寄り添うものだったんですけど、

『無限未来』となると、もう言葉必要としてない振りのように見えてしまいます。その理由の一つは、ビデオの背景が自然の光景なので、

振り付けが言葉と絡んだものではなく、

自然に対する奉納の舞のように見えてしまうんですよね。

 


[Official Music Video] Perfume 「無限未来」

 

では、以前のPerfumeにこういう要素がまるでなかったかというとそういうことはなくて、

ポリリズム』って、この路線の原型のようなとこがあります。

 

ついでに言うと『Edge』って詞と対応した振り付けだったんですけど、

その詞が表すのが個別の物語というよりかは、普遍的な話に結びついているようなので、

この手の路線の作品のようにも感じられる今日この頃。

 

ちなみに 『Spending All My Time』は 死霊の盆踊りに見えますわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ドリーム・ファイター』

最近PC買い換えたら、なんかブログ書いてみたくなりました。

 

で、五ちゃん読んでたら、『Dream Fighter』好きでない人ってファンの中にもいるそうで、実のとこ私自身も最初はそのあまりのポジティブさに苦手な曲だったんですが、

今は、Perfumeの代表曲の一つと素直に思ってます。

ビデオ見てると、三人がこの曲大切に思いながら踊ってるのがよく見えるじゃないですか?


Perfume「Dream Fighter」Live HD

 

円谷プロが撮影したPVもかなり好きなんですよね、 

あのPV、その他のPVと違って言い訳しないでしょ? 新しい技術とかおしゃれな演出でごまかそうって部分ないんですよ、ひたすら直球。

 

Perfumeが海外進出で合格点出せなかった理由の大きなとこは、技術とかおしゃれとかそういうのを日本人が日本の文脈でとらえてすげーすげー言ってたのが、

海外に持ってったら、通じなかった、 「なにそれ? 食ったらうまいの?」的な

さらに言うと、言葉も通じなかったんですけど。

 

で、そうなったときに、「あれは何がすごいのか」ってくどくど説明しちゃったりすると実に痛々しい。

 

その点『Dream Fighter』ってダンスの点に関して言うなら別にすごいわけでもなんでもなくて、なんかまどろっこしい振りを踊って口パクやってるの見てるだけだったら、海外で理解されなくても当たり前というか、

歌詞も字幕見ながら理解してもそれが?的なところあるはずなんでしょうけど、

 

Dream Fighter』って こけおどし的なことして理解されようって部分は最初からないじゃないですか? 演じる側がこの曲大切にしてる、聞くほうもそれに同調してる、そういう点がすごく感動的なわけで。