読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

完璧な計算で〜

「完璧な計算で作られた楽園でひとつだけ嘘じゃない愛してる」




この箇所の振り付けなんですが、


「絶対故障だ、ていうかありえない」のポーズ。
故障したロボットが痙攣したように指先だけ動くゼスチャー。
冒頭のポーズはこれと対になっているわけでして、故障していない状態が、


こっちのポーズのようです。

人間の体を、構成物の一部とみなす態度は、共産主義の美学なもんで、戦艦ポチョムキンってそういう映画ですし、ナチのプロパガンダもそういうもんです。


パフュームの振り付けが手話と違う点は、単語一つ一つのレベルをゼスチャーで表現しているわけではないという点で、

「完璧な計算で作られた楽園」(楽園という言い方自体が社会主義っぽい、もしくは『マトリックス』っぽい)
を体で表現するときに、

この図一枚でお終いです。完璧、計算、楽園、そういう単語が並んでいるのではなく、
ひとつのイメージとしての喜ばしくない秩序。



「ひとつだけ嘘じゃない、あいしてる」

この振り付け、

パフュームで何度も何度も繰り返される主要なモチーフなんですが、

突き抜ける、新しい世界へ、等の中田ヤスタカの詞に繰り返されるイメージと対応しています。