読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンピューターシティー について

スゥイートドーナツ とか ヴィタミンドロップとか、今更真面目に取り扱われることもないでしょ?


はっきりいやあ、あの頃は、売れなくてよかったんでしょ。



じゃあ、近未来三部作の頃についてはどうなんだ、と申しますと、

『コンピューターシティー』って、売れても不思議ない曲だと思うんですよ。
実際、チャート上ではそれなりに売れてますし。

売れなかったのは、PVのせいでしょう。

もうちょっと真面目にPV作っていたら、この時点でパフュームは成功してるでしょう。



でも、わたし的には、『ポリリズム』でやっと売れたってのが、「天の配剤」的に思われます。



perfumeのお蔭で、オルダス・ハクスリーの『知覚の扉』読みました。それから、『brave new world』 再読しました。

(あしたにつづく)